オースチンヒーレースプライト 1961モデル mark1

620万円

元ラリードライバーのドナルド・ヒーレーは、オースチンの総帥レオナード・ロードと共同でオースチン・ヒーレー・ブランドを創立。1953年に最初の市販車100(後の100/6、3000)を登場させた。

続いて2人は、財布の軽い若者が購入できる軽量で安価なスポーツカーを計画。開発はドナルドと息子のジェフリーに任され、1958年5月にオースチン・ヒーレー・スプライト(妖精)としてデビューすることになった。

ボディは軽量なモノコック構造を採用し、剛性確保のためトランクリッドは設けられなかった。エンジンはBMC・Aタイプ直4OHV 948ccで、SUツインキャブ装備により42.5ps/7.18kg-mを発揮。サスペンションは前がウィッシュボーン、後ろが1/4リーフ+ラジアスアームで、ブレーキは4輪ドラム。ラック&ピニオン・ステアリングも採用されていた。

北米の安全基準を満たすために、ピョコンと飛び出したヘッドライトにより、イギリスではカエルの目、北米では昆虫の目、日本では後にカニ目と呼ばれたこのクルマ、車重602kgと軽量で、侮れない性能を発揮した。

このため狙い通り若者を中心に人気を呼び、3年間で4万9000台程が生産されるヒット作となった。

1961年に各部をモダナイズしたスプライトMk.2と、双子車のMGミジェットMk.1が登場。以後仕様変更を続ける(別項参照)が、スプライトは1971年に生産を終了。ミジェットは1979年まで生き延びた。

車両詳細情報

年式: 1961年
走行距離: 不明
車検: 令和4年11月
車輌:
色: アースブラウン
リサイクル区分: 済別
排気量: 940cc
ミッション: MT
ハンドル:
駆動: FR
燃料: ガソリン
修復歴: なし
JU安心保証の対象: 対象外
車台番号下3桁:
年式: 1961年 排気量: 940cc
走行距離: 不明 ミッション: MT
車検: 令和4年11月 ハンドル:
車輌: 駆動: FR
色: アースブラウン 燃料: ガソリン
リサイクル区分: 済別 修復歴: なし
JU安心保証の対象: 対象外 車台番号下3桁:

オプション

マニュアル マフラー 修復無し
安心ご納車