中古車の現状販売について

中古車の現状販売について簡単にお話ししたいと思います。
そもそも現状販売というと、「保証なし、ノークレームですが、その分お安くいたします」というのが一般的な解釈になっていると思います。

では、納車後すぐに車が動かなくなってしまった場合、本当にノークレームで通るのでしょうか?
答えはどちらとも言えません。

自動車販売店の立場からしたら「現状販売でお互いに納得しての売買契約なんだから」というように思ってしまいがちですが、消費者優先で考えられている法律の解釈は違うようです。

とは言え、絶対に販売店側が悪く、責任があるということでもなく、原因や状況によって変わってくるようですので、確かなことは言えません。

ただ一つ言えることは、明らかに納車後に起きた故障ではないという場合で、それを証明できる場合であれば、販売店側の「現状販売だから」という理由だけでは通らないということです。

当店でも現状販売でお安く販売させていただくことがあり、納車後間もなく故障してしまったこともありますが、「現状販売なので知りません」という対応をしたことはもちろんありません。

ただ、もともと壊れているものを一時的にごまかして販売し、お客様が納車後に気づいて連絡をして「現状販売なので知りません」。ということを平気で言ってのける悪徳業者もありますので、「現状販売」には十分ご注意下さい。

中古車の修復歴について」へ

コメントは利用できません。