中古車の修復歴について

みなさんは中古車を雑誌やインターネットでお探しの時に修復歴という言葉を目にしたことはありますか?
この修復歴というのは、中古車販売店が自社の在庫車を雑誌やインターネットに掲載する際に必ず明記することになっている車両履歴のことで、自動車の車体の骨格部位を損傷し、「修正」あるいは「交換」により修復したことをいいます。

①フレーム
②クロスメンバー
③インサイドパネル
④ピラー
⑤ダッシュパネル
⑥ルーフパネル
⑦フロア
⑧トランクフロア
⑨ラジエータコアサポート


上記の内容をご覧いただくと「修復歴有」となっている車は要するに交通事故車なんだとお思いになられる方が大半だと思いますが、実は必ずしもそうとは言えないのです。

車体の骨格部位といえば「クロスメンバー」や「フロアパネル」、「コアサポート」などというものがありますが、これらの骨格部位が交通事故以外の原因によって損傷する可能性は0%ではないからです。
逆に言うと、事故を起こしていたとしても、これらの骨格部位を損傷し、修正あるいは交換さえしていなければ、「修復歴有にはならないのです。

交通事故を起してドアを損傷し、交換または板金修理していたとしても、骨格部位まで損傷するほどの事故であり、かつ修正または交換していなければ「修復歴有」にはならないのです。

中古車の現状販売について」へ

コメントは利用できません。